Tierra Esperanza

アクセスカウンタ

zoom RSS 大館〜能代

<<   作成日時 : 2011/10/20 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ごぶさたしています。
突発性難聴になったり、両足をねんざしたり、実家でいろいろあったりとブルーで過ごしていました。

さて、夏の東北旅のつづきをぼちぼち。
8月14日は大館を出発。羽州街道を下ります。道はほぼフラット。1時間ほどで道の駅たかのすに到着しました。ジュースでも買おうかと思っていると、併設の大太鼓の館で10時から太鼓の実演をやるとのアナウンス。早速行ってみました。どのくらいの大きさかと思ったら、直径が3.8メートルというとんでもない代物。叩き方もユニークでした。
画像

館内の展示は世界の太鼓など楽しめるものでした。

道の駅のところにあった案内図では旧羽州街道が詳しく書いてあったので、そちらを走ってみることに。ところが、その道は砂利だったり、旧跡も柱が一本立っているだけだったりとさんざん。途中であきらめて、素直に国道を走ることにしました。

また1時間ほど走ると、道の駅ふたついに到着。別名きみまちの里と言うそうです。食事をしてもいい時間ですが、いささか早すぎるので、併設の歴史資料館などで時間をつぶします。ついでに、ふるさと創生基金を使って作られたという1億円トイレも拝借。中に噴水があったりして、頭大丈夫?という感じの成金趣味丸出しになっておりました。

食堂で食べたのは「きみまちラーメン」。山菜とマイタケなどが入っていて贅沢ですが、いたって普通。後で調べると、近くに評判のいいラーメン屋があったようです。やはり、行き当たりばったりはよくないなぁと。

近くに恋が成就するという恋文ポストなるものがあるそうなので、探しながら走ります。が、見つからず、どうもきみまち阪公園内にあったようです。まあ、見つかったところで、「あて所に尋ねあたりません」という手紙しか出せなかったわけですが。

コースは二ツ井の市街地を経由。これまた何もなし。ただ、ここもかつて鉱山で賑わっていたようで、その名残は何となく感じました。

あまりにも何もないので、途中鶴形駅という方に入ってみました。すると、集落の入り口にこんななまはげ的なものが。しょうき様というこの地方独特の道祖神だそうです。駅の反対側にもありました。
画像


掘り出し物はこれくらいで、程なく能代駅。なんとまだ14時。
昭和時代にタイムスリップしたような懐かしい風景とネットのどこかで見たので期待していたのですが、これがまた、こうやって虫食いで開発が進んだよね〜って感じのいちばんどうしようもない昭和。
画像


宿に行くのは早すぎるので風の松原を走ってみることに。さいわいサイクリングロードがあるとのこと。が、入り口が分からず、そのままずるずると通り過ぎ、しょうがないので、ほとんど唯一の観光スポットらしい能代火力発電所併設の能代エナジアムへ。これまた大失敗。地元の小さい子どもを遊ばせておく施設でした・・・。

まだ全然時間があるので、そのまま、海っぺりを走り、この辺唯一の温泉、湯らくの宿能代へ。お風呂は嫌いですが、とにかくだらだらと過ごします。ちょうど、高校野球は能代工業が闘った日で、ずいぶん盛り上がっていたようです。
どうにか、16時になり、いい加減宿へ。あづま旅館というところです。着いて部屋に入るとフロントから電話。家族連れが何組か泊まっていらっしゃるので早めにお風呂に入った方がいいですよとのこと。さっき入ってきたばかりだけどなぁと思いつつも、好意を無駄にするのもあれなので、下着類を洗濯して、お風呂へ。

その後、ぶらりと柳町へ。ネットの評判のよかった店は本日貸し切り。途中なんとなく気になった「かふく亭」というおみせにぶらり。あくまでも主観ですが、アサヒ以外のビールを出しているところは、味のいい店が多い気がするので。汗はずいぶんかいていたので、とりあえず生2杯。その後おすすめの日本酒など頂きました。お安いとは言えないものの、味も雰囲気もよく、いい時間を過ごせました。
その後は、宿に直行。お隣の部屋には震災の被災者の方が暮らしている様子。廊下にマンガがずらりと並べてあり、孔雀王などよみながらうとうとと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
■エスペラさま。
お早うございます。コメント有難うございます。
それは困りましたね。
あなたは突っ走る気味があるので、
ちょっとやりすぎたのではありませんか。
そう体力もありそうではありませんから、
ぼちぼちやってください。
あなたの「体」が注意信号を発しているのです。
では、お大事になさってください。
sohya
2011/10/21 06:48
sohya さま、おはようございます。
足は2度とも階段で空足を踏んでぎっくりとやりました。
何ごともぼちぼちとやっていくことにします。
エスペラ
2011/10/21 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
大館〜能代 Tierra Esperanza/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる